ブログ

第34回例会

2018年04月15日 22:17

1.日時・場所 2018年4月15日(日)18:00~20:00 兵庫県中央労働センター

2.参加者 T先生・K先生・O

3.内容

 (1)近況報告

  ・〇〇部副顧問になりました。(T)

  ・〇〇、〇〇を担当しています。学校のシステムに驚いています。(O)

  ・〇〇担任、学校のことが色々と回ってきます。特別支援の免許取得中。(K)

 (2)模擬授業

  ①お金は磁石につくか(T)

   ・お札が磁石に付くことにびっくりした。・初めの予想の部分を短く。お札の実験の部分を長く。

   ・原実践の追試ができるように。・何故その材質が使われているのかが気になった。

   ・各硬貨の組成を入れると、高3生でも食いついた。すぐれた追試の効果を感じた。

  ②「春のうた」椿原先生追試(O)

   ・五感→原典の組み立てがすごい・五感の「味覚」がわかったときの驚きがすごかった

4.感想

・近況報告で未経験部にて副顧問になったことをお話ししました。きれいでおしゃれでかっこいい先生という視点で「まずはジャージを買った」を聞いていただけたことが嬉しかったです。

お金は磁石につくかの模擬授業ならぬ報告は、ちゃんと言葉を確定させて物も検討し直そうと思いました。夏の教え方に向けても考えていきます!ありがとうございました。(高校理科)

・近況を知れて、やっぱり学校によって環境は違うということを改めて知りました。お金の授業、なんか普通に一万円を授業ででてきたら、面白いなと思いました。またドル持っているのも、さすがと思いました。O先生の春の歌の授業もいろんな発見があり、知的で面白かったです。昔はクックックックだったのをきいて、虫だ!ってなったので、あれはすごいエッセンスだと思いました。詩は深いんだなぁと改めて感じました。O先生の音楽の授業、すごかったです。1時間の中にたくさんの要素が組み込まれていて、男子の声が大きくなっていたのも驚きでした。O先生がきて子どもたちはどう変わっていくのか楽しみだと思いました。tossは学びの場なので、いつも勉強になっています。次は授業もっていきます!(中学技術)


第32回例会

2018年03月04日 22:18

日時:2018年3月4日(日)18:00~20:00

場所:兵庫県中央労働センター 204号室

参加者:K先生、T先生、O


1.近況報告

・教科最後の授業、プログラミング教育の追試しました。(K先生)

・やっと月曜から通常授業に戻ります。(T先生)

・井上先生の学級に行ってきましたっ。(O)


2.模擬授業

・5日のラスト道徳で用いるコンテンツ相談(O)

 W先生の追試をしようと考えている。

 結果、長谷川先生の「○○○○」の追試を行う。


3.教え方セミナー検討

・T先生(道徳)

 状況説明はPPを使って短く。

 「道徳本の語りを使いました」という事例をたくさん挙げる。

・O(道徳)

 T先生の講座を受けて、学級通信や学年集会での事例を上げる。

 日常の道徳をどうしているか。

 ワークシートよりノート。

 評価をどうするのか。文章評価の例。(山口県K先生からの学び)

・T先生(模擬授業)

 高校理科用TOSSリメイクプリント。

 正進社のカタログを参考に、どの部分を追試したかハッキリ。

・O(宿泊研修乗り切り方)

 お風呂の入らせ方

 それぞれの活動の時間を守らせる術



<感想>

・大阪ユースウェアでは荒れた生徒役がものすごかったです!

あと気になっていた部活動で生徒のいるところに教師がいなければいけない理由について、長谷川先生は[○○○○]と言っていました。


・本日も例会ありがとうございました。

しばらく模擬授業の機会がなかったのに、見ていただいた方がいいのに、今日持ってくることができませんでした。

明日からの久しぶりの授業は頑張ります。

O先生のレポートを拝見して動画の解説を伺って、授業見学レポートの書き方と書

く意図がわかりました。

井上学級と、実は先週はN中学も見学させていただいたので、忘れないうちにまとめ

ます。


・今日もありがとうございました!

大阪ユースウェアの話、もっと聞きたかったです。

K先生、ちょっと調子悪そうでしたが、大丈夫ですか?ゆっくり寝てくださいね。

T先生、言葉を削って講座を組みたてましょう☆


第30回例会報告

2018年01月14日 21:05

法則化中学/縁音 第30回例会


日時:平成30年1月8日(月・祝)18:00~20:00

場所:兵庫労働中央センター206号室

参加者:O先生、K先生、T


内容:

1.模擬授業

 ・暗唱詩文集(K,T)

声のトーン,言葉を削ることを学びました。

 ・サウンドロゴ(O)


2.レポート発表

 ・「理科は感動だ!」の原稿検討(T)

原稿をサークル検討していただくことの意義を感じました。

 ・特別支援学級での奮闘記(K)

現場の実情を知りました。

 ・新学期の学級通信(O)

道徳話のタイムリーな入れ方を学びました。


3.伊東合宿報告

O先生より,大きな合宿には行った方がよいと

合宿での学びを共有いただきました。


4.教え方セミナー準備

春と夏の打ち合わせもしました。


感想:

(中学技術)

いきなり授業もさせてもらい、自信がつきました!

あとは、特別支援の資料作ってみて、自分でも頭の中を整理できてよかったです。

また、ディスレクシアと入試については、次の時にまとめてきます。

O先生の話を聞いて、セミナーできる限り参加しようと思いました。

あと、特支の情報が、知らないことばかりだったので調べてみます。

T先生は、授業したり文章を持って来てくれたので、

自分も勉強になりました!


(高校理科)

「理科は感動だ!」誌への原稿を見ていただきました。

具体的な行為に目が行き,授業の原則10箇条という思想を意識していなかったことに気づきました。

O先生とK先生から地域の中学の話を伺い,

高校入試の仕組みすら把握していなかったことを自覚しました。

(中高一貫の中学入試と大学入試のことで手一杯)

やはり,自分から調べていかないと情報は入らないと反省しています。

次は,講座を組み立てます。

(今夜はとりあえず明日の授業開きを詰めます)

K先生の暗唱詩文集は,瞬時に「言葉を削る」を実践されていて,その速さに驚きました。


4.次回例会

2018年2月4日(日)18:00~20:00

兵庫県中央労働センター


第27回例会報告

2017年09月24日 14:22

第27回例会

参加者:T先生、K先生、O

内容:

1.教師修行十年より「日曜だけが好きだった子」読み合わせ

2.模擬授業

 ・電子配置図(T先生)

   説明を少なくして教えるにはいいか、参加者で代案を出し合いました

3.レポート発表

 ・学級通信(O)

   生徒の活動の良いところが書いてあるのがよかった

感想:

(T先生)

教師修業十年 熟読すると、また他の人の注目点を聞くと、自分が何を意識しているのかわかって面白いと思いました。模擬授業は、理科が苦手な生徒に伝わりやすい方法・説明無しで教える方法を考える機会でとても有益でした。もっとじっくり教材研究します。

ありがとうございました。

(O)

教師修業十年の読みあわせは一人でないからいいですね!

T先生は授業に熱中されているし、K本先生は学級経営だし、個性が出て面白かったです。

普段の授業でも、授業記録でも、持っていかないと力になりません。

私自身抜かってたなぁ、と反省しました。

さて。言葉を減らすことが一番の課題です。

説明するなら、生徒にさせるのが定着率が高いのかもしれません。

私たちは知りすぎているから、説明したくなります。

それをどう引き出すかがプロの腕です。

そういう意味で優れた授業の追試は有効です。

音読指導がわかれば、教科書を読ませるパーツが安定します。

これから皆で練習していくのが楽しみです。

4.次回例会

2017年10月14日(土)18:00~20:00

兵庫県中央労働センター 206号室

第26回例会報告

2017年08月28日 18:32
参加者:T先生、Tさん(学生)、O先生

内容:シルバーの3日間の計画(O先生)、エネルギー授業報告(T先生)、プログラミング教育(Tさん)

感想:

アウトプットの機会をありがとうございました。この流れで学校に提出する夏休みの過ごし方報告も書いてしまいます。そして、シルバーの授業開きも真面目に考えます。次は暗唱詩文集楽しみです!

☆次回より、授業の基礎基本の力をつける練習として「音読の授業」を行います。お楽しみに!

第11回例会報告

2016年04月21日 22:58

日 時:平成28年4月16日(土) 18:30~20:00

場 所:北神区民センター 第5会議室

参加者:S先生、Tさん、O

 

内 容:

1.教え方セミナー検討

・5月1日 Kサークル教え方セミナー(加古川)

  講座確定 A先生、M先生の講座を入れる

  用意するものの確認

・5月14日 縁音教え方セミナー(尼崎)

  講座確定

  司会:O、受付:S、PC:T

2.D表検定授業検討(O)

・突然指揮をするのは難しい。授業の組み立てを考える。

・歌いながら指揮をすると、感覚がつかみやすい。

3.正進社フラッシュカード(S)

・四字熟語とことわざ。

・ことわざは「長さ」を揃えるとテンポが決まる。

 「豚に真珠・猫に小判」はよいが、「豚に真珠・犬も歩けば棒に当たる」は×。

・次の言い出しの時には、そのカードが下りているように。

 四字熟語だと、子どもが読んでいるときに次が動いている状態。

4.セミナー集客について

・SNSに発信をする。

 1人で発信せず、たくさんの人数で発信する。

 

次回例会:

 5月14日(土)18:30 尼崎市総合文化センター

  ・教え方セミナーを例会とする

 6月11日(土)17:30 北神区民センター

  ・模擬授業

  ・黄金の3日間の過ごし方

 

第9回例会報告

2016年02月21日 00:51

日 時:平成28年2月20日(土) 18:00~20:00

場 所:北神区民センター 第3会議室

参加者:S先生、O

 

内 容:

1.セミナー報告(O)

 ・D表検定の結果報告 授業の組み立て方を検討

 ・読解スキルの模擬授業 長谷川先生からのコメント検討

2.縁音教え方セミナーの打ち合わせ

3.「雪」(三好達治)授業検討(S)

 ・向山先生のご実践で「発問の評価」をされているところを分析する

 ・「家はいくつあるか」を考えることで、情景が浮かぶ

4.長谷川先生ビデオ視聴(O)

 ・長谷川先生の授業が向山先生の討論の実践になっている

 ・学び方4か条

5.中学音楽教え方セミナー講座検討(O)

 ・「ふしづくり」変奏が楽しいが、そこまでのステップが楽しくない

 

次回例会:

 3月26日(土)18:00 北神区民センター

  ・教え方セミナー発送準備

  ・模擬授業

  ・黄金の3日間の過ごし方

 

第8回例会報告

2016年01月16日 17:36

日 時:平成28年1月16日(土) 18:00~20:00

場 所:北神区民センター 和室

参加者:A先生、S先生、O

 

内 容:

1.井戸沙織先生の1分間FC練習(全員で)

 ・「I'm Mika./Nice to meet you.」のFC。

 ・映像を見ながら、何度も繰り返して練習。

 ・最後は1人ずつ挑戦。

2.お悩み相談

 ・A先生のお悩み相談。S先生が的確に答えられた。

3.読解スキル新旧比較(O)

 ・2月6日、神奈川で行われる長谷川セミナーでの模擬授業練習。

 ・「読解スキル」の新旧比較を行った。

 ・本文、解き方、語句の意味、先生問題など問題以外の扱い方を学ぶ。

4.D表検定検討(O)

 ・何が教えたいのか、そのための組み立て方。

 ・授業パーツが半分以上変わる。要検討。

 

第7回例会報告

2015年12月31日 14:51

 

日 時:平成27年12月5日(土) 18:30~20:30

場 所:北神区民センター 和室

参加者:N先生、S先生、O

 

内 容:

1.国語「初恋」(S先生)

 ・「初恋」にアンサーソングを作る実践レポート

 ・七五調に限定したことで、作りやすくなった

 ・特別支援が必要な生徒も目的に合った詩が書けていた

2.フラッシュカードに挑戦(全員で)

 ・S先生が購入された英語FCに挑戦

 ・井戸沙織先生と同じテンポにするにはどうすればよいか?

 ・前のカードを言い終わるときにはめくり始めているのでは?

 ・言葉を言う+動作でテンポが崩れるので、ゆっくりで一定のテンポから始めてみ

3.授業ビデオ視聴(O)

 ・レパートリーでどんどん歌わせている

 ・「ふしづくり」の実践でクラッシュしている

   →リズム唱+書くでテンポを変えているが、気持ちが悪い

   →「テンポに合わせて書く」ことを練習させてはどうか(しかも空書きがよい)

 ・「かっこう」で表現の創意工夫

   ワークシートを工夫して「なんとなく」を防いでいる

 ・新曲指導の工夫

   音取りCDを使わずに音取りをしている

 

次回例会:

 1月16日(土)18:00 北神区民センター

  ・長谷川セミナー模擬授業検討

  ・熱海合宿報告

  ・日々の実践交流

 2月27日(土)18:00 北神区民センター

  ・模擬授業検討

  ・日々の実践交流

 

感想:

今日は例会ありがとうございました。

共に学べる仲間のいる有り難さを感じました。

ビデオも見せていただき、O先生のパワーに刺激を受けました。

来月もよろしくお願いいたします。 ありがとうございました。

 

ありがとうございました!刺激になりました。

こういう機会に誘って下さるS先生には本当に感謝してます。
O先生はほんとに凄いです

S先生も、すごいです!あの初恋の生徒の七五調、感動しました!
フラッシュカード、自分のテンポの悪さを実感することができ、

フラッシュカードだけでなく、どのようにしたらよいのか、少しだけ理解でき、挑戦してよかったなと思います。
もっと勉強していきたいです。今後ともよろしくお願いします。

 

第4回例会報告

2015年12月31日 14:47

 

日 時:平成27年8月1日(土) 18:00~20:00

場 所:神戸市勤労会館 408

参加者:T先生(法則化中学はちかづき代表)、O

 

内 容:

1.道徳「マリア・シャラポワ」(T先生)

 ・コンテンツの流れを再考

 ・考えさせる場面が少なく、プレゼン的だった

2.道徳「W杯 アメリカンサモア」(T先生)

 ・第1発問を吟味する

 ・TVの画像を使っているが、より効果的に使う

 ・この授業で伝えたいことは何かが明確ではない

3.教育課程研究集会の発表(O)

 ・授業のシステム化をすることでよかったことを示す順番

   見通しを持った活動→教師の余分な言葉が減る→生徒をほめることが増える

 ・生徒が書いたワークシートがほしい

 ・コマとパーツの説明がほしい

4.志TUBEの紹介(O)

 ・長谷川博之先生の音声を月3~4回配信している

 ・毎日通勤途中に聞いて、思想がぶれないようにしている

5.「春は神戸から!」TOSS中学関西セミナー企画案検討

 ・「夏のJAPAN、春の神戸」という気概を持つ

 ・「黄金の3日間」を教えたことをどう継続するか

 ・授業システムが1年間の中でどう変化していくのかが知りたい